食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

文字の大きさ
標準
特大
2016年12月24日
(株)宝幸の一部商品における 「卵」及び「乳」の誤混入に関するお詫びと商品回収について

離乳食について

イラスト

アレルギー児だからといって、離乳食の開始を遅らせることは推奨されていません。一般の乳児と同じく、5~6ヵ月頃が離乳開始時期ですが、最新の研究では、もっと早いほうがよいことを示しているものもあるくらいです。
湿疹やアトピー性皮膚炎など皮膚の炎症があると食物アレルギーになりやすいことがわかってきました。湿疹をなるべく早めに治療し皮膚状態をきれいにして離乳食を始めるのがよいでしょう。湿疹の強い場合は、離乳食前にアレルゲン検査や負荷試験を行うなど専門医の指導のもとで離乳食を開始したほうがよいこともあります。

最近の離乳食の進めかたについては、ふつうのお子さんで行われている支援ガイドと同様に、米粥、野菜、白身魚、大豆食品を利用してゆきます。普通ミルクが飲める場合は、乳製品も利用を進めます。すでにアレルゲン食品が明らかになっている場合は、代わりのアレルギーのない食材を利用します。

国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
生体防御系内科部 アレルギー科 医長 大矢幸弘先生、
栄養管理部 室長 中野美樹先生 監修

食物アレルギー対応「安心レシピ」

牛乳、卵、小麦、そば、えび、落花生、かに
  • 特定原材料
    不使用
  • 動画で
    分かり
    やすい!
  • レシピは
    400種類
    以上!

日々の食事作りのヒントになるように、動画で食物アレルギー対応食(除去食)
のレシピをご提供。毎月更新!ぜひご覧ください。

安心レシピ検索ページ