食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

文字の大きさ
標準
特大
2016年12月24日
(株)宝幸の一部商品における 「卵」及び「乳」の誤混入に関するお詫びと商品回収について

もしかして?と思ったら

イラスト

毎日の食生活で食事中、食事後にアレルギーで認められる症状のどれかがでた場合は、食物アレルギーが発症していることがあります。強い症状ではすぐに病院を受診しましょう。

口の周りが少し赤い、嫌がって出してしまうなどのはっきりしない場合は、食事日誌に食べた食品と症状がでた時間などを記録しておくと、2回以上同じ症状が出た場合、アレルギーである可能性が高くなります。

アトピー性皮膚炎などがある場合は、痒みや湿疹が赤くなった程度では関連がわからないことがあります。この場合も日誌に記録しておくと原因がわかることがあります。病院受診時にみてもらいましょう。

国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
生体防御系内科部 アレルギー科 医長 大矢幸弘先生 監修