ひな祭りちらしずし

和食 行事食

うなぎは市販のかば焼きでなく、手作りしてみましょう。薄焼き卵もどきを使えば安心して食べられて、彩りも鮮やかに仕上がります。食べられる方は薄紅しょうがや菜の花を添えてもきれいです。

442kcal
50分
特定原材料(7品目)中使用原材料
酢(小麦) しょうゆ(小麦)
特定原材料に準ずるもの(21品目)中使用原材料
しょうゆ(大豆) 高野豆腐(大豆)
代替原材料
卵→じゃが芋・かぼちゃ・かたくり粉

材料
[2人分]

ごはん

300g

すし酢

├酢

大さじ1と2/3 25g

├砂糖

大さじ1と1/2 13.5g

├塩

小さじ1/2強 3.5g

高野豆腐

1/3個 5g

にんじん

20g

干ししいたけ(中)

1枚

たけのこ水煮

20g

煮汁

├こんぶだし

2/3カップ 133.3g

├干ししいたけのもどし汁

1/2カップ 100g

├砂糖

大さじ1と1/3 12g

├しょうゆ

大さじ2/3 12g

花酢れんこん

├れんこん

1cm厚さ 30g

├酢

大さじ2 30g

├砂糖

大さじ1と1/3 12g

├塩

小さじ1/6 1g

白焼きうなぎ

1/3本 25g

タレ

├みりん

大さじ2 36g

├しょうゆ

大さじ1 18g

├砂糖

小さじ1/3 1g

作り方

動画レシピ

(画面をクリックしてください)

1

熱いごはんにすし酢を混ぜ合わせて冷まし、すし飯を作る。

2

高野豆腐はたっぷりのぬるま湯(分量外)につけ、キッチンペーパーをかぶせてやわらかくもどし、水けを絞って3mm角に切る。干ししいたけは水につけてもどし(※もどし汁はとっておく)、にんじんとともに3mm角に切る。たけのこは4cm長さの短冊切りにし、さっとゆでる。

3

なべにこんぶだし、分量の干ししいたけのもどし汁、砂糖、しょうゆを合わせて火にかけ、煮立ったらにんじん、しいたけ、高野豆腐、たけのこを加えて煮、具を作る。たけのこは飾り用に取っておく。

4

花酢れんこんを作る。れんこんは皮をむき、花形になるように切り込みを入れ、酢(分量外)を加えた熱湯でゆでる。酢、砂糖、塩を混ぜ合わせてれんこんをつけ、キッチンペーパーをかぶせる。味がなじんだら、縦半分に切り、さらに3等分の薄切りにする。

5

薄焼き卵もどきは4cm長さの細切りにし、錦糸卵にする。

6

フライパンにみりん、しょうゆ、砂糖を入れて火にかけ、煮立ったら白焼きうなぎを加えてからめ、取り出して半分に切り、2cm幅に切る。さやえんどうはすじを取り、塩ゆで(分量外)する。

7

すし飯に具の煮汁をきったものを加えて混ぜ合わせ、器に盛る。錦糸卵、たけのこ、うなぎ、さやえんどう、花酢れんこんを彩りよく散らす。

栄養計算

栄養価計算(1人あたり)

エネルギー(kcal): 442

たんぱく質(g) 10 脂質(g) 5.2
炭水化物(g) 86.8 ビタミンA(μg) 291
ビタミンB1(mg) 0.17 ビタミンB2(mg) 0.17
ビタミンC(mg) 19 カルシウム(mg) 55
鉄(mg) 1 マグネシウム(mg) 37
亜鉛(mg) 1.5 食物繊維(g) 3.6
食塩相当量(g) 2.6 ビタミンD(μg) 2.7

科学技術庁編<日本食品成分表2010>による

監修・協力

辻学園栄養専門学校

レシピを探す