食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

食物アレルギー対応商品のご購入はこちら
文字の大きさ
標準
特大

プロジェクトAとは

食物アレルギー協同取り組みプロジェクトA。一緒ならもっとおいしい、もっと楽しい笑顔の食卓

「プロジェクトA」とは、いずれも「食物アレルギー配慮商品」を展開している、オタフクソース株式会社株式会社永谷園ハウス食品株式会社日本ハム株式会社 の4社で取り組む「食物アレルギー協同取り組み」です。

4社が共に活動を行うようになったきっかけは、ある専門誌の企画による座談会でした。
「食物アレルギーという社会課題に食品メーカーとして貢献する」というテーマで想いを語り合い、各社が「食物アレルギーの研究商品開発に10年以上取り組んできたこと」、「消費者や患者会、医師の先生方と積極的なコミュニケーションをとってきたこと」、「一緒に活動を行えば、より多彩な活動ができる」という認識から、食物アレルギーという社会問題に一緒に取り組んでいきたいという相互の意思統一に繋がりました。

私たちは「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを目的に、食物アレルギーに関する情報発信や啓発活動、商品の普及活動などに協同して取り組んでいます。

企業が連携し継続的な活動をすることで、食物アレルギーをお持ちの方だけでなく、
その周囲の方々(学校や職場などのコミュニティ)にも食物アレルギーについて考えていただく機会を提供したいと考えています。

食物アレルギー協同取り組み プロジェクトAとは

私たちは「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを目的に食物アレルギーに関する情報発信や啓発活動、商品の普及活動などに協同して取り組んでいます。企業が連携し継続的な活動をすることで、食物アレルギーをお持ちの方だけでなく、その周囲の方々(学校や職場などのコミュニティ)にも食物アレルギーについて考えていただく機会を提供したいと考えています。この取り組みをプロジェクトAと名付け活動してまいります。

【取り組み名称とロゴマークに込めた思い】

活動の目的である、『食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現』すなわち、みんなが笑顔で食事を楽しむことができることをイメージしています。

  • 「A」は「Allergy」、「All」それぞれの頭文字を表しています。
  • ロゴの色には、あたたかみのある赤色を採用しました。

【参加企業】

  • オタフクソース株式会社
  • 株式会社永谷園
  • 日本ハム株式会社
  • ハウス食品株式会社

※五十音順

参加企業の食物アレルギー配慮商品(一部)

オタフクソース株式会社

●2008年に「1歳からのお好みソース」を発売。同商品をはじめ、「乳・小麦・卵・そば・落花生・えび・かに」を使用しない離乳食を終えた子供向けの「1歳からのシリーズ」は、現在では7アイテムを展開。
●お好み焼・たこ焼、ハンバーグ、トンカツといった子供から大人まで人気のメニューを、卵・乳・小麦を使わないでつくれる「KAKOMUごはんシリーズ」は2018年より販売。みんなで使えるソースとして「お好みソースあじわいやさしい」も2015年より販売し、これらは1歳からのシリーズ同様、上記7品目の原材料は不使用。

株式会社永谷園

●2003年、誰でも食べられるおいしい商品を目指し誕生した「A-Label(エー・ラベル)シリーズ」は「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆」の原材料は不使用。現在、レトルトカレー、ふりかけなど10アイテムを販売。
●また、同時期に発売した「アンパンマンミニパックカレー ポークあまくち」は、「乳・小麦・卵・そば・落花生・大豆」不使用のカレー。7種の野菜入りで、温めず、そのままご飯にかけていただくこともでき、子供に人気のキャラクターのパッケージを展開。この他、まぜこみごはんの素、粉末タイプのカレールーなど食物アレルギー配慮商品は11アイテムを販売。

日本ハム株式会社

●1996年から食物アレルギー対応食品の研究・開発に取り組み、「おいしさに安心をそえて」というコンセプトのもと「卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに」を使用しない「みんなの食卓シリーズ」を販売。ハム、ウインナー、ハンバーグなどの冷蔵食肉加工品を現在9アイテム取り揃える。
●冷凍品でも、米粉パン、パンケーキなど10アイテム、また「野菜スープ」の常温品も含め幅広くラインアップ。

ハウス食品株式会社

●「食物アレルギーの子供と、大人も一緒においしく食べられる」をコンセプトに、ロングセラーブランドを冠したカレーやシチューを提供したいという想いから「乳・小麦・卵・そば・落花生・えび・かに」を使用しない調理型カレーやシチューの開発を開始。
●2014年に、「特定原材料7品目不使用シリーズ」のバーモントカレー<中辛>、シチューミクス<クリーム>を発売。現在では完熟トマトのハヤシライスソース、はじめて食べるバーモントカレー やさしい甘口も販売。