食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

食物アレルギー対応商品のご購入はこちら
文字の大きさ
標準
特大

マスコミ関係者向け試食会(4月12日)

2019年4月12日(金)、都内のホテルにて、マスコミ関係者向けの試食会を開催しました。1月に発表した4社が協同開発した食物アレルギー配慮レシピ6品をお召し上がりいただき、メーカーの垣根を超えたレシピ協同開発の目的や意義について情報発信を行いました。

メインビジュアル

NPO法人アレルギーっこパパの会理事長によるご講演

はじめに食物アレルギーを持つ患者家庭の日常をマスコミの方々に理解していただくため、「NPO法人アレルギーっこパパの会」の理事長今村慎太郎さんによる講演会を開催しました。
長女の食物アレルギーをきっかけに活動をはじめた今村さんは、「学校側のミスにより、娘がアレルギー除去食ではなく、みんなと同じ給食を食べてしまった」という実例を挙げ、「あなたなら、どうしますか?」と語りかけました。出席者からはさまざまな回答がありましたが、今村さんは「この問題は難しく、正解はない。しかしこの4社は、こうした私たちの悩みを理解しているからこそ垣根を超えられたのだろう」とお話しくださいました。
  • 今村さんのご講演

協同メニューの試食

講演のあとは、4社協同開発メニューの試食会です。試食された方々からは「バリエーションが豊富で驚いた」「どれも食べやすい味で、ボリュームがある」「アレルギー配慮食であることを意識せず、パーティーの参加者や家族全員で楽しく食べられる」と好評でした。また、4社の商品をご覧になった記者から「より理解が広まり、こんな売り場が実現するよう、メディアとしても取り組んでいきます」と声をかけていただきました。
  • 選べるプチオープンサンドなど6品を試食

  • ズラリと並んだ4社の商品

食物アレルギーに対する正しい理解・共感を

「このようなイベントを通じて報道関係の方にも食物アレルギーについて考えていただくことは大事」だと、4社のプロジェクトメンバーと今村さんとで意見が一致しました。「今や食物アレルギーは10人に1人と言われる時代だが、周囲からの理解を得られない患者も多く誤解も受けやすい。だからこそ私たちが協力し、食物アレルギーに対する正しい理解・共感が広まるような活動をしていきたい」という想いもより強くなりました。
今後も4社が連携して継続的な情報発信や啓発活動をすることで、食物アレルギーをお持ちの方だけでなく、その周囲の方々にも食物アレルギーについて一緒に考えていただく機会を作りたいと考えています。
  • 4社協同レシピ

ページ一覧へ