食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

食物アレルギー対応商品のご購入はこちら
文字の大きさ
標準
特大

最新のお知らせ

2019年

【全国】

授乳・離乳の支援ガイド改定 食物アレルギーの予防についても ~厚生労働省

2019年3月、厚生労働省は2007年に作成された「授乳・離乳の支援ガイド」を12年ぶりに改訂する。

授乳・離乳の支援ガイド」は、赤ちゃんへの母乳やミルクの授乳、スムーズな幼児食への移行を行うための国の指針で、保護者への指導の根拠となる。作成から約10年が経過するなかで、科学的知見の集積、育児環境や就業状況の変化、母子保健施策の充実等、授乳及び離乳を取り巻く社会環境等の変化がみられたことから、内容を検証し、改定することとなった。食物アレルギーの対応では、鶏卵等の食物アレルギーの原因となりうる食品でも、離乳食の開始時期を離乳初期の5~6ヵ月頃から始めるよう情報提供すると明記された。

改定案の基本的な考え方

(1)授乳及び離乳を通じた育児支援の視点を重視。親子の個別性を尊重するとともに、近年ではインターネット等の様々な情報がある中で、慣れない授乳及び離乳において生じる不安やトラブルに対し、母親等の気持ちや感情を受けとめ、寄り添いを重視した支援の促進。

(2)妊産婦や子どもに関わる多機関、多職種の保健医療従事者が授乳及び離乳に関する基本的事項を共有し、妊娠中から離乳の完了に至るまで、支援内容が異なることのないよう一貫した支援を推進。

改定案ポイント

1.授乳・離乳を取り巻く最新の科学的知見等を踏まえた適切な支援の充実
母乳の利点等の乳幼児の栄養管理等に関する最新の知見を踏まえた支援の在り方や、新たに流通する乳児用液体ミルクに関する情報の記載。

2.授乳開始から授乳リズムの確立時期の支援内容の充実
母親の不安に寄り添いつつ、母子の個別性に応じた支援により、授乳リズムを確立できるよう、子育て世代包括支援センター等を活用した継続的な支援や情報提供の記載。

3.食物アレルギー予防に関する支援の充実
従来のガイドでは参考として記載していたものを、近年の食物アレルギー児の増加や科学的知見等を踏まえ、アレルゲンとなりうる食品の適切な摂取時期の提示や、医師の診断に基づいた授乳及び離乳の支援について新たな項目として記載。

4.妊娠期からの授乳・離乳等に関する情報提供の在り方
妊婦健康診査や両親学級、3~4か月健康診査等の母子保健事業等を活用し、授乳方法や離乳開始時期等、妊娠から離乳完了までの各時期に必要な情報を記載。

「授乳・離乳の支援ガイド」改定案はこちら

【全国】

保育所のアレルギー対応 ガイドラインを見直し 

厚生労働省は2月6日、2011年3月に策定、2012年に改訂された「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」見直しの検討会を開き、改定案をまとめた。

本年度から施行された「改定保育所保育指針」では、食物アレルギーについては、関係機関と連携して安全な環境の整備を行うことを求めるなど、子供のアレルギー対応の重要性が高まる中、ガイドラインの見直しを行うことになった。

現行のガイドラインは5章で構成されているが、改定案は基本編と実践編の2編構成となった。また、指針の改定、関係法令の制定、最新の知見等を踏まえつつ、保育の現場における医療の専門家ではない保育士を始めとする職員に積極的に活用され役立てられる様、記載方法、記載内容等を工夫し、内容の充実を図るとしている。

 

改定案の抜粋

<基本編>

1.保育所におけるアレルギー対応の基本
緊急時の対応など、保育所に求められるアレルギー対応の基本事項など
2.アレルギー対策の実施体制
かかりつけ医、嘱託、地域のアレルギー専門医療機関の各役割、消防機関との情報共有など
3.食物アレルギーへの対応
日常の食事提供における食物アレルギー対応の原則と誤食防止など

<実践編>

1.生活管理指導表に基づく対応
食物アレルギー・アナフィラキシー、気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎 、アレルギー性鼻炎等、各疾患の特徴と生活管理指導表に基づく対応

 

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン改定案はこちら

改定案の全体構成案はこちら

現行のガイドラインはこちら

【全国】

食品業界初!食品メーカー4社協同取り組み食物アレルギー配慮レシピを発表

1月10日、食品メーカー4社、「オタフクソース株式会社」「株式会社永谷園」「日本ハム株式会社」「ハウス食品株式会社」(五十音順。以下、4社という。)は、協同で開発した、食物アレルギー配慮レシピを公開した。
4社は多岐に渡る食物アレルギー配慮商品を持っており、今回は、4社が持つ多種多様な商品特性を活かし、食品業界初の試みとなる「4社商品を使用したレシピ開発」を行った。このレシピは、『家庭における調理メニューのバリエーション』と『加工食品を使用することによる調理の利便性』を提供するもの。

「食物アレルギーに配慮した食事は、使用できる食材が限られるため、メニューの数やレパートリーを増やすことが大変」というお客様の声を受けて、4社商品を使用することで広がる‟バリエーション”を訴求したレシピ開発をすることになった。
卒業シーズン・新学期に向けて人が集まる機会の多い時期に「家庭料理でもてなすパーティーメニュー」をテーマとした“おいしさと食の楽しさ”を表現するレシピに仕上げている。4社の商品を使用するからこそできる、「加工食品の利便性とバリエーションの豊かさ」が特長の食卓レシピをぜひ活用して欲しいとしている。

<公開情報抜粋>
■レシピテーマ
卒業シーズン・新学期に 家庭料理でもてなすパーティーメニュー ~おいしさと食の楽しさと~

■レシピのこだわりポイント
1. 特定原材料7品目不使用
2. 見た目の華やかさ・ごちそう感を演出
3. 子供から大人まで、幅広い年齢層にお楽しみいただけるレシピを提案
4. 4人分をベースにしたレシピ配合で、大人数にも対応可能
このレシピは、「食物アレルギーの有無にかかわらず『みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現』に貢献するために、企業を超えた4社協同の取り組みを行う」という4社共通の想いに基づいて開発したもの。

■開発レシピ
20190201.png

■各社レシピ公開ページはこちら
オタフクソース株式会社
株式会社永谷園
日本ハム株式会社
ハウス食品株式会社

【全国】

各自治体が選択しやすいように アレルギー対応備蓄食品の提案改定 ~日本小児アレルギー学会 災害対応委員会

日本小児アレルギー学会 災害対応委員会は、近年のアレルギー診療の進歩や社会状況の変化に対応するために、2015年に発表した「大規模災害対策におけるアレルギー用食品の備蓄に関する提案」を改定した。

食物アレルギー対応食品には様々なものがあるが、災害対応委員会では必要最小限と考えられる備蓄食品について検討し、避難所で配給される食物がアレルゲンを含む「危険なもの」にならないよう、また、各自治体が選択しやすいように提案の改定を行うこととした。

<内容抜粋>

「食物アレルギーを有する者が被災された際に、避難所において安心して過ごすことができるように」

1.アレルギー対応食備蓄についての基本的な考え方
・目的:食物アレルギーを有する者(小児・成人とも)に安全な食品を提供する
・備蓄品目:特定原材料等27品目を含まない食品
・備蓄量:総備蓄食の25%以上を目安とし、全ての避難所で入手可能なことを目指す

2.備蓄が推奨されるアレルギー対応食品
・乳アレルギー用ミルク(備蓄用ミルクの3%)
アレルギー特定原材料等不使用アルファ化米(備蓄するアルファ化米の100%)

大規模災害対策におけるアレルギー用食品の備蓄に関する提案はこちら