食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

食物アレルギー対応商品のご購入はこちら
文字の大きさ
標準
特大

災害時に水分と栄養を1本で補給できる「農協の飲めるごはん」 ~JA北大阪

2019/10/01

エリア
大阪
公表年月
2019年10月

近年、各地で自然災害が相次いでいることを受け、JA北大阪(大阪府吹田市)が2018年に発売した「農協の飲めるごはん」が備蓄用の非常食として、好評を得ている。

加水・加熱調理が不要な缶タイプの穀物飲料で、水道、電気、ガスなどのライフラインの供給がストップした過酷な状況の中でも、水分と栄養を同時に摂取することができる。また、米と穀類を炊き込み、穀物の粒感を残したとろみのある状態に仕上げることで、子供や高齢者にも飲みやすく、アレルギーにも配慮しているため、災害の初期段階には、特に役立つとしている。

2019年4月には、JA北大阪中支店前に、専用の自動販売機を設置。販売だけではなく、災害ベンダータイプとして、災害時には無料で提供される。

主原料となる米は、地元農家(組合員)が生産した「ヒノヒカリ」を使用し、地元米農家の支援にもつながっている。

<農協の飲めるごはんの特徴 一部抜粋>
・味は3種類「梅、こんぶ」「ココア」「シナモン」
・加水、加熱が不要
・5年間の長期保存
・やわらか食
・水分、栄養の同時補給
・アレルゲン対策(特定原材料等27品目不使用) ※2018年発売時点の食品表示基準による

「農協飲めるごはん」の詳細はこちら
JA北大阪の販売店舗等はこちら
販売代理店はこちら(ケース販売のみ)
※各ネット通販ではバラ購入も可