食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

食物アレルギー対応商品のご購入はこちら
文字の大きさ
標準
特大

各自治体が選択しやすいように アレルギー対応備蓄食品の提案改定 ~日本小児アレルギー学会 災害対応委員会

2018/12/29

エリア
全国
公表年月
2019年1月

日本小児アレルギー学会 災害対応委員会は、近年のアレルギー診療の進歩や社会状況の変化に対応するために、2015年に発表した「大規模災害対策におけるアレルギー用食品の備蓄に関する提案」を改定した。

食物アレルギー対応食品には様々なものがあるが、災害対応委員会では必要最小限と考えられる備蓄食品について検討し、避難所で配給される食物がアレルゲンを含む「危険なもの」にならないよう、また、各自治体が選択しやすいように提案の改定を行うこととした。

<内容抜粋>

「食物アレルギーを有する者が被災された際に、避難所において安心して過ごすことができるように」

1.アレルギー対応食備蓄についての基本的な考え方
・目的:食物アレルギーを有する者(小児・成人とも)に安全な食品を提供する
・備蓄品目:特定原材料等27品目を含まない食品
・備蓄量:総備蓄食の25%以上を目安とし、全ての避難所で入手可能なことを目指す

2.備蓄が推奨されるアレルギー対応食品
・乳アレルギー用ミルク(備蓄用ミルクの3%)
アレルギー特定原材料等不使用アルファ化米(備蓄するアルファ化米の100%)

大規模災害対策におけるアレルギー用食品の備蓄に関する提案はこちら