食物アレルギーねっと 食物アレルギーを知りたい全ての方のための情報サイト

食物アレルギー対応商品のご購入はこちら
文字の大きさ
標準
特大

保育所のアレルギー対応 ガイドラインを見直し 

2019/03/01

エリア
全国
公表年月
2019年3月

厚生労働省は2月6日、2011年3月に策定、2012年に改訂された「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」見直しの検討会を開き、改定案をまとめた。

本年度から施行された「改定保育所保育指針」では、食物アレルギーについては、関係機関と連携して安全な環境の整備を行うことを求めるなど、子供のアレルギー対応の重要性が高まる中、ガイドラインの見直しを行うことになった。

現行のガイドラインは5章で構成されているが、改定案は基本編と実践編の2編構成となった。また、指針の改定、関係法令の制定、最新の知見等を踏まえつつ、保育の現場における医療の専門家ではない保育士を始めとする職員に積極的に活用され役立てられる様、記載方法、記載内容等を工夫し、内容の充実を図るとしている。

 

改定案の抜粋

<基本編>

1.保育所におけるアレルギー対応の基本
緊急時の対応など、保育所に求められるアレルギー対応の基本事項など
2.アレルギー対策の実施体制
かかりつけ医、嘱託、地域のアレルギー専門医療機関の各役割、消防機関との情報共有など
3.食物アレルギーへの対応
日常の食事提供における食物アレルギー対応の原則と誤食防止など

<実践編>

1.生活管理指導表に基づく対応
食物アレルギー・アナフィラキシー、気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎 、アレルギー性鼻炎等、各疾患の特徴と生活管理指導表に基づく対応

 

保育所におけるアレルギー対応ガイドライン改定案はこちら

改定案の全体構成案はこちら

現行のガイドラインはこちら